トヨタ 新アクア 2017年6月19日マイナーチェンジ 更なる燃費向上も?

トヨタのコンパクトハイブリット「アクア」が2017年6月19日にマイナーチェンジされて新発売となりました。

「旧型アクア」

「新型アクア」

アクアと言えば2011年の発売以来、常にトップクラスの月間販売台数を記録する
人気車となっていますが、発売されると一躍大人気車となった「日産ノートe-POWER」や、

アクアと同時期の6月、大幅なマイナーチェンジが予想されている
「ホンダフィットハイブリット」など
ライバルの動向も無視できない状況になってきています。

何よりマイナーチェンジでヴィッツに同一ハイブリットが
搭載されてしまったことも影響が大きく、

アクアとヴィッツ、2車が完全にカブってしまったことで、
棲み分けも難しい状況となってしまっています。

皮肉な事に、今ではヴィッツの質感とパッケージングの良さが好評で、
アクアを上回る人気車となっています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

何処が変わるの?

そこで今回のマイナーチェンジでは、
全体的な質感向上と、エクステリアデザインの
変更が行われ、ヴィッツハイブリットの上位モデルとして
差別化を図る狙いもあるとされています。

エンジン、ハイブリットシステムの大きな変更はないとされていますが、
燃費向上をアピールする為に、専用グレードが設定されると言われています。

それにより、カタログ燃費は37.0㎞/Lから38.0㎞/Lになりますが、
その他グレードでは、ヴィッツハイブリットと同じ34.4㎞/Lとなりました。

燃費向上のために設定されるユニークなオプション装備として
「ECOセット」というものが設定される様ですが、

内容は・・・

・ECO 専用のコンピューターマッピング
・軽量カーペット

などで、専用ECUによってエコドライブ制御が行われ、
アクセル開度などの変更による燃料噴射量の抑制や、モーター介入度の変更、
が行われ、

軽量マットなどの採用により約10㎏軽量化するなど、
燃費向上を更に意識した仕様に変更することができます。

そこまでする必要はない気もしますが・・・

エクステリアデザインはどうなるの?

・ヘッドライトのデザイン変更
・リアコンビネーションランプデザイン変更
・フロント、リアバンパーのデザイン変更
・カラーバリエーション変更

などが挙げられます。

Crossover、G“ソフトレザーセレクション”、G、SにメーカーセットオプションLEDヘッドライトパッケージ(10万8千円)でBi-Beam LEDヘッドランプも装備できます。

インテリアデザインもグレードアップにより質感の向上が図られ変更点は、

・ステアリング、カップホルダーにシルバーの加飾
・センタークラスターパネルのデザイン変更
・ステアリングスイッチ追加
・TFTマルチインフォメーションディスプレイの搭載グレード拡大
・イモビライザーキー標準装備グレード拡大

などで、ステアリングスイッチや、マルチインフォメーションディスプレイが
最下位グレード以外では標準装備される所も魅力となっています。

Crossoverと「G“ソフトレザーセレクション”」に新しくオプション設定される
合成皮革のホワイトソフトレザーで、高級感を演出し質感の向上にも寄与しています。

このほか、今回のマイナーチェンジでは走行性能にも改良が行われていて、

・ボディー剛性強化

・タイヤサイズアップ:175/65 R15から185/60 R15

(Crossoverは175/60 R16から185/60 R16)

これによって操縦安定性と乗り心地の向上も図られています。

アクアX-URBAN のグレードアップも

「X-URBAN」

新型アクア「Crossover」

アクアのもう一つの顔であるSUV仕様のX-URBAN もマイナーチェンジで変更を受け、
名称も新たに「アクアクロスオーバー」となります。

特徴となるのはエクステリアデザインの変更で、クロスオーバーらしいフェンダーモールが装着され、全幅も標準モデル1,695mmに対して1,715mmとなり3ナンバー化され、
ワイド感を出すことでSUVらしさを更に演出します。

[G’s]ジーズは販売終了

トヨタ純正コンプリートモデルで、人気グレードとなっている、アクア[G’s]は
名称変更に伴い一旦廃止されます。
新ブランド[GRMN]シリーズとして企画開発される予定となっていますが、
発売時期は今の所不明となっています。

販売価格は?

現行アクア価格は・・・

グレード ハイブリッドシステム 駆動方式 価格
L リダクション機構付のTHSII 2WD(FF) 1,785,240円
S 1,886,760円
G 2,062,800円
G“ソフトレザーセレクション” 2,089,800円
Crossover 2,062,800円
カラーバリエーションは・・・

まとめ

モデルサイクルからすると、このマイナーチェンジが最終型になるのではないかと思われます。

新型へのモデルチェンジは、2018年に予想されていますが、ヴィッツハイブリット人気の影で今後の展開が少しづつ変わってきていると言われ始めています。

噂によるとアクアとして次期モデルの開発は行わず、現行モデルを延命販売、
新型開発はヴィッツと統合車種として進められ、どちらかの名前が消滅するのではないかと言われています。

もう一方では、ヨーロッパをはじめとした海外で、ヴィッツは「ヤリス」として販売され、かなりの人気車でもある事から、日本国内でもアクア、ヴィッツの名称を使用せず、「ヤリス」として新たにグローバル展開される新型車として登場させる可能性もあります。

今後の展開に注目したいと思います。

因みにモデルチェンジするとしたらこんな感じの予想となっていますよ。

次期 トヨタ アクア 2018年フルモデルチェンジ 気になるスタイル 燃費 価格は?

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
関連記事



コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ツールバーへスキップ