ATF オートマチック・トランスミッション・フルード 変える?変えない?

定期点検や車検で消耗部品を変えたり、冷却水を変えたり、エンジンオイル変えたりしますよね。

特にエンジンにとって大切な役目を担っていることは一般的に知られているので、
エンジンオイルに関して言えば比較的気にしている人は多いと思います。
しかし意外と知られていないのがミッションにもオイルが入っているという事ことです。

たまたま行ったスタンドやカーショップで「ATF変えてますか?」なんていきなり言われて何を言っているのかわからなくて困ってしまったことないですか?

そこで今回はATFの交換について取り上げてみたいと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ATF・・・ってなに?

[ATF]オートマチック・トランスミッション・フルードと言って、蟻の巣の様な非常に複雑なオイルラインをバルブで切り替え、シフトチェンジを自動で行うトランスミッションの変速作動油に使用されます。

その他にもギアなどの潤滑油やトランスミッション各部の冷却にも重要な役割を果たしています。

当然ATFも走行を重ねる事によって徐々に劣化し磨耗鉄粉などの不純物が増えると、オイルラインのバルブ作動が円滑にできなくなり、次第に変速ショックが大きくなり、
バルブやギアを動かす時の摺動抵抗も大きくなってくる為、燃費も悪化して行きます。

と言ってもそれはひと昔前の話で、今はギアや作動バルブなどの工作精度が飛躍的に向上しているため、摩耗鉄粉などの不純物がほとんど出ないと言われています。

因みに各メーカーによって交換の目安が記載されています。

  • トヨタ
    ・シビアコンディションの場合は100,000kmごとに交換

*シビアコンデション
(通常使用よりも加減速が多い、雪道や登坂路などの高負荷運転の頻度が高い、熱環境が悪いなど)

  • 日産
    ・40,000kmごと
    (サプライヤーのジャトコでは基本無交換)
  • ホンダ
    ・ATは初回80,000km、2回目以降は60,000kmごと
    シビアコンディションは60,000kmごと
    ・CVTは40,000kmごと
  • マツダ
    ・車種によって必要な場合と不要な場合があります。
  • スバル
    ・40,000kmごと
  • ダイハツ
    ・100,000kmごと
  • スズキ
    ・交換記述なし(基本無交換?)

対照的なのはトヨタ、日産(ジャトコ)は基本無交換、ホンダでは細かく交換時期を定めています。

基本的にはメーカー推奨の走行距離で交換が望ましいのですが、トヨタでは基本無交換
でよいというのも少し躊躇してしまいます。

ATF交換で逆に不具合も・・・

無交換を推奨する理由として、長年の走行によって不純物がAT内に蓄積されます。この不純物は金属摩耗によって発生したものや劣化してオイルラインにこびりついたオイルカスで、ATFの交換により剥がれ落ちたり、沈殿していた磨耗鉄粉が再び循環してしまいバルブやオイルラインなどを詰まらせ故障に繋がってしまうのです。

もし壊れてしまうとミッションのオーバーホールか交換になり、リビルト品(再生品)でも最低20万円はくだらないと言われていますので手痛い出費になってしまいますね。

こうしたトラブルを誘発させない為に敢えて交換はしないとされて、AT車の一部はATFのレベルゲージを装備していないものもあります。

それだけ製品精度と信頼性が向上してメンテナンスフリーとされ壊れなくなったという事ですが・・・。

結局どっちがいいの?

余計ややこしくなってしまいましたが、総合するとこういう事が言えるのではないでしょうか。

  • 基本的には無交換でも耐久性は確保されているが
    良好なコンディションを保ちたいなら
    新車から走行5万キロ以内に交換するのが望ましい
  • 交換時期が明記されているメーカーの車はそれに準じて交換する
  • 乗っている車を取り扱っている新車販売ディーラーの整備工場に交換依頼する
  • ゴミやホコリが誤って混入して故障の原因になる恐れがあるので
    極力自力交換はしない
  • メーカー純正または指定のATFを使用する
  • 新車から5万キロ以上無交換であれば慎重に検討するか
    または交換はしない
    (過走行車は交換作業を断られる場合があります。)
  • 10万キロを超える過走行車は交換はしない
    (無交換による故障よりも、交換した事による
    不具合や故障のほうが多くなる)
  • 自動車用品店やガソリンスタンドなどでは
    安易に交換作業はさせない

カーショップやガソリンスタンドなどで言われるがままATFを交換して
故障などのトラブルに巻き込まれるケースが多く聞かれます。
万が一の時に保証されない場合も懸念されるので、

もし交換を検討しているのであれば、現在自分が乗っている車の修理経験も豊富な
新車販売ディーラーの整備工場で交換依頼するのが賢明ではないかと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
関連記事



コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ツールバーへスキップ