ニッサン E52エルグランドは快速ミニバン でも、なぜ売れない!

今回はE52エルグランドの良い所と悪い所を見ていきたいと思います。現行モデルの登場は2010年から販売されている、Lクラスミニバンです。先代の後輪駆動(FR)から前輪駆動(FF)になり、ワイド&ロープロポーションになりました。2014年1月にビッグマイナーチェンジを行いました。エンジンは2.5直4、3.5V6、共にCVTになっています。

「e52 エルグランド」の画像検索結果

スポンサーリンク
スポンサーリンク

E52いいところは?

  • マイチェンにより押し出し感がましたフロントマスク
  • 低重心化されて安定した走り
  • 助手席オットマン、2列目中折れ式キャプテンシート
  • 3列目シートに240mmスライド機能が追加された
  • 大人6人がゆったり座れる室内空間
  • 高い静粛性
  • クルーズコントロール標準装備
  • LEDヘッドランプ、「アクティブAFS機能付き」

この他にも、次世代型アラウンドビューモニター、電動スライド&バックドアーなど高級ミニバンならではの快適装備も設定されていて、静粛性も文句なしのレベルです。トップグレードのV6、3.5ℓは280PS、35.1kgf‘mとパワフルで2トン以上ある車体をグングン加速させます。どちらかと言えば、乗用車として人を快適に乗せる工夫に主眼を置いています。

高級ミニバンだからネガは無いかと言えばそうでもありません。

E52、悪い所は?

  • 燃費が悪い
  • 室内高が低く開放感がない
  • 基本設計が古い
  • 3列目シートが格納できない(床が平らにならない)
  • リアゲート開口位置が高く重い荷物を乗せるのが大変
  • 後部ウィンドウがどこも開かない
  • 自動ブレーキが未搭載
  • ハイブリット車がない(これが大きいマイナス要因?)

わたし的まとめ

他社最新ミニバンに比べると、基本設計の古さも否めない感があり、安全装備にやや古さを感じてしまいますね。やはりハイブリットや自動ブレーキなどのセールスポイントがないのが響き、2014年のビックマイナーチェンジも空しく、今では月販500台前後とライバルに大きく水をあけられています。2.5ℓハイウェースターが売れ筋ですが、お買い得限定車も設定されています。今のところ、モデルチェンジの情報は出ていませんので、まだ暫くは現行モデルが継続生産されると思います。基本的な動力性能はかなり高いので、ミニバンでもスポーティーに走りたい人には満足できるかもしれませんね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
関連記事



コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ツールバーへスキップ