スバル 次期フォレスター 登場は2018年3月? 新型はどうなるの?

スバルのSUV「フォレスター」が2018年にモデルチェンジされる予定となっています。

初代はステーションワゴンをベースとしたクロスオーバーSUVとして人気があり、

アグレッシブなスポーツグレード「STIバージョン」もラインナップされていました。

3代目からは北米などの海外市場を意識するようになり、

それに伴ってボディーサイズを拡大、より一層クロスオーバーSUV色の強いモデルへと進化していきました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

新型はどう進化するのか?

新型フォレスターのコンセプトモデルと言われている

「SUBARU VIZIV FUTURE CONCEPT」これが時期フォレスターの原型となっています。

クロスオーバーSUVとしての印象が一層色濃くなっていますが、次期フォレスターの市販モデ

ルは基本的にはキープコンセプトになるのではないかと思われます。

スバルアイデンティティーデザイン、DYNAMIC×SOLID「躍動感×塊感」

が随所にちりばめられているのが確認できますね。

更にフォレスターの量産モデルに近づいたとされる「SUBARU VIZIV 2 CONCEPT」

も公開されるなど、フォレスターの方向性が少しづつ見えてきています。

話題の新型プラットフォーム採用でパフォーマンス向上

新型ではプラットフォームから一新されます。

新型のプラットフォームは2016年にフルモデルチェンジされた

インプレッサを皮切りに、以降登場する新型モデルに順次採用が進められる

「スバル グローバルプラットフォーム」で、トータルバランスに優れています。

このプラットフォームと新環状力骨構造ボディーの組み合わせることで衝突安全性能は、

最高ランクの評価を与えられています。

また、高剛性、低重心化によりハンドリング性能も向上しており、

危険回避能力に優れているほか、ステアリング操作に無駄な切り戻しが減り

ドライバーだけではなく、同乗者の疲れや酔いなどの不快感も軽減されるということです。

このプラットフォームを採用することで次期フォレスターでも同様な性能向上が期待できます。

スバルならではの先進的な安全性能がさらに進化

安全性能での評価が世界的に見ても非常に高いことで有名なスバルですが、

万が一事故が起きてしまった時の被害軽減対策も行っています。

その中でも、新型インプレッサに採用された、歩行者保護エアバックを採用するなど、

対歩行者衝突事故に備えての安全性強化も盛り込まれる見込みとなっています。

アイサイトver.3が更に進化、名前も新しく
「アイサイト・ツーリングアシスト」

アイサイトver.3のバージョンアップでアイサイトver.4となると思われていましたが、

安全にこだわるスバルとして不吉な数字「4」を嫌い、

敢えて名称変更したとも噂されています。

この「アイサイト・ツーリングアシスト」が次期フォレスターにも

標準装備される見込みとなっています。

ver.3から進化した機能は・・・

・オートクルーズとLKAの設定上限が135キロ
・渋滞時追従機能追加
・アクティブレーンキープが全車速対応

「アイサイト・ツーリングアシスト」の目玉は日産プロパイロットと同じ

同一車線自動運転技術自動追従とステアリング制御が含まれる半自動運転が可能となり、

2017年新型レヴォーグD型に初搭載され、マスメディアでも取り上げられるほど話題となっています。

搭載されるエンジンは?

ガソリンエンジンは2バリエーション展開となっており、レヴォーグに搭載されている

・水平対向4気筒 1.6L 直噴ターボ DIT
最高出力:170ps/5,600rpm
最大トルク:25.5kgm/4,800rpm

・水平対向4気筒 2.0L 直噴ターボ DITエンジン
最高出力:300PS/5,600rpm
最大トルク:40.8kgm/2,000 – 4,800rpm

が予想されています。

PHVモデルも登場する?

この次期フォレスターにはPHVのラインナップも予想されています。

このPHVのシステムは提携先であるトヨタプリウスPHVに使われているものを

流用すると言われており、スバルの水平対向エンジンと組み合わせ、

60km以上のEV走行が可能になると予想されています。

2018年後半に発売を予定していると言われますが、

メインマーケットは主に北米が中心となって販売される

見込みとなっているようです。

しかし日本国内でもプリウスPHVや、三菱アウトランダーPHV

の人気は徐々の高まって来ている事を考えると、

日本導入も可能性としては非常に高いと言えます。

発売スケジュールはどうなっているの?

予想される発売までのスケジュールとしては、

2017年10月27日から開催される予定の第45回東京モーターショー2017で

量産モデルとされるプロトタイプが初公開され、

2017年の年末に予約スタート、

2018年3月に発売開始というスケジュールが予想されます。

販売価格はアイサイトの機能向上と歩行者用エアバッグの標準採用などにより、

現行型の車両価格から10~15万円ほどの値上げが予想されます。

充実された安全装備と、半自動運転が搭載されていることを考えれば、

非常にリーズナブルな価格設定となるのではないでしょうか。

ボディーサイズは現行型からさほど変わらないと思われ、

日本国内でも取り回しの良いミドルSUVとして評価されている

現行型のコンセプトを踏襲すると思われます。

スバル初の大型SUV「アセント」に近いデザインになるのではないかとも予想されており、

「スバル初の大型SUVアセント」

アセントの下位モデルとして共通シルエットが採用されるかもしれませんね。

アセントのコンパクト版といった感じになるのではないでしょうか。

新しい情報が入りましたら追記していきます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
関連記事



コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ツールバーへスキップ