日産 新型 リーフ 2017年9月頃に フルモデルチェンジか? デザイン 航続距離は?

日産の誇る電気自動車(EV)リーフが2017年9月頃に発表されると予想されています。
現行型で問題になっているのは実用性で、特に航続距離においてはさらなる向上が求められていました。

エクステリアデザインでも独特なスタイリングに難色を示すユーザーも多く、
次期型ではどの様に進化してくるか、大いに注目されています。

そこで今回は国内量産EVではまだ希少な存在、日産リーフを取り上げてみたいと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

新型で航続距離はどこまで伸びる?

EVで一番の関心事は航続可能距離で、リーフもここが一番のポイントになるのではないかと思います。

国内での電気自動車開発では三菱と日産が開発に力を入れていましたが、アメリカの新興EV自動車メーカー、テスラモーターズのモデルSの登場で事態が一変、高級車然としたスタイリッシュなデザインと、航続距離600㎞という記録を叩き出され、後塵を拝す結果となってしまいました。

しかし価格面ではテスラモデルS:798~1480万円に対して、現行リーフ:280~456万円と非常にリーズナブルな設定となっていて、万一のトラブルが起きても全国にある日産ディーラーでサービスが受けられるなど、インフラ面に関して言えば当然リーフが優勢で、世界規模ではリーフの認知度は非常に高いものになっています。

今回行われるリーフのモデルチェンジで大きな話題となっているのはやはり航続距離で、現行モデル280㎞の実に2倍近い550㎞となり実用性の向上が大幅に改善されます。

意外とここもポイント

EVのウィークポイントの一つとされる、冬季に暖房を使用すると急激にバッテリー残量がなくなってしまい、想定していた距離よりも少なくなってしまうことがあり、現行リーフでも30kwhバッテリーでは容量に不安がありました。

しかしモデルチェンジでは60kwhと2倍にバッテリー容量が拡大され、冬季の暖房使用時でもロングドライブに安心して出掛ける事が出来るようになります。

充電時間はバッテリー容量の拡大に伴ってこちらも約2倍の充電時間が必要になるとされ、
現行モデルが単相200Vの普通充電の場合、バッテリー残量警告灯点灯から100%充電するには約8時間であることから単純に16時間は必要になります。

エクステリアデザインはどうなるの?

現行ではエアロダイナミクスに凝りすぎて、お世辞にもカッコいいとは言えないデザインだったのですが、モデルチェンジでどのように変わるのかが大いに注目されるところになります。

今回のモデルチェンジでもハッチバックタイプになるのですが、非常にオーソドックスなスタイルになって登場するとされます。
現行型よりは普通なデザインが採用される事で、
今度はリーフを購入してみようかと検討する人も増えるのではないかと思います。

次期型に採用されるインテリアデザインの情報は入っていませんが、インテリアデザインに関しても実用的でシンプルな仕様になっていると思われ、全体的な印象としては「現実的に売れる車」にしたものになっていると想像できます。

プロパイロット搭載して先進技術をアピール

2016年に登場したC27セレナに搭載され話題になったプロパイロット1.0が搭載されます。
・先行車追従クルーズコントロール
・自動ブレーキ
・車線変更
・停止・発進

の機能が統合制御され、走行車線を認識し
高速道路など単一車線上であれば
自車が状況を判断して半自動運転をしてくれます。

2018年には更に高性能なプロパイロット2.0が実用化されると言われ、
より自動運転に近いものとなります。

次期型リーフは残念ながらプロパイロット1.0の採用にとどまるとされていますが、
段階的にバージョンアップが実施されるのではないかと思われます。

発売時期はいつ頃になるのか?

2017年9月に開催されるドイツ、フランクフルトモーターショーでワールドプレミアされ、その後2017年末から2018年初頭に日本で発売されるのではないかと思われますが詳細は分かっていません。

海外ではすでに市販モデルに近いプロトタイプによる走行テストが行われていて、数多くのスパイショットが撮影されています。

引用元:https://www.motor.es/noticias/nissan-leaf-2018-201733853.html

引用元 http://www.theophiluschin.com/?p=6790

今回のモデルチェンジで普通になったエクステリアデザインを採用してきた事が、逆に日産の本気度を伺い知ることができ、量産EVを手掛けてきたパイオニアとしてイニシュアチブを取る狙いもあるのかもしれません。

次期リーフ最新情報はこちらへ・・・
次期日産リーフ 2017年9月6日発表! 新型はどうなる?パート2

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
関連記事



コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ツールバーへスキップ