ニッサン 新型 マイクラ発表!! 5代目マーチ?

ニッサンのコンパクトカー、新型マイクラ「日本名マーチ」

が「パリモーターショー16」で初公開されました。

マイクラという名を翳して発表されたということは

日本国内ではマーチとして発売されると予想されます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

マーチは日産最小コンパクトカー

初代マーチには、IC付きスーパーチャージャー+ターボ搭載の

過激なモデルも一部ありましたが、2代目からは

可愛らしいデザインを採用してヒット作になり

主に女性ユーザーから高い支持を受けていました。

日産で軽自動車を扱うようになるまでは、最小クラスの

車でした。

現行マーチはどんな車?

2010年登場した、4代目の現行型は

新興国での生産、販売も視野に開発された為、

部品点数を削減するなど大幅なコストダウンを図りました。

日本向けは、初めてタイ工場での海外生産に切り替え、

低価格化をアピールするものの、新興国生産による品質低下に

不安を抱く声も多く、日本国内での人気は、イマイチ。

新型 マイクラ スタイルはどう変わった ?

一番目を引くのは激変したスタイルです。

質感もかなり高くなっている感じがします。

ロー&ワイドフォルム採用で、ボディラインも凝っていますね。

フロントマスクもキリッとしていて、かっこいいです。

歴代モデルがぽよんとユルキャラ系デザインが多かったので

イメージ激変です!

このモデルからは、ルノーと共同開発された

新しいプラットホーム「CMF-B」が採用され、

安全装備の充実とともに基本性能の向上が図られています。

欧州での販売拡大を目標に開発されているため、

欧州車的なエッジの効いたデザインに維新、

ボディサイズも大型化されました。

新型マイクラの欧州仕様は

フランスのルノー、フラン工場で

生産されます。

現時点では日本仕様のマーチが、どこの工場で

生産されるのかは分かっていませんが、

おそらく同工場で生産されのではないかといわれています。

新型マイクラでは全幅が1700mmを超えているので

このボディサイズのまま、マーチとして

日本国内で発売されれば、

3ナンバー登録になります。

シンプルでも上質、 インテリアデザイン。

4代目マイクラのインテリア。今見るとちょっと安っぽいかも・・・。

新型マイクラのインテリア。

先代のインテリアと見比べると、明らかに質感がよくなっていますね。

機能性重視、各スイッチ類もシンプルにまとめられていてスッキリ。

オレンジのソフトパッドがアクセントとして彩られて、

日本車らしからぬオシャレ感を演出しています。

良くも悪くも、この辺りはフランス車、ルノーの影響を強く感じてしまうところですね。

ボディサイズ拡大に伴い、居住性も大幅に向上していると思われます。

スペックは?

  • 全長 3999mm
  • 全幅 1743mm
  • 全高 1455mm
  • ホイールベース 2525mm
エンジンは3タイプ

直列3気筒0.9Lターボ

  • 最高出力 90ps
  • 最大トルク 14.3kgm/

直列3気筒1.0L NA

  • 最高出力 73ps
  • 最大トルク 9.7kgm/

直列4気筒1.5Lディーゼルターボ

  • 最高出力  90ps
  • 最大トルク  22.4kgm/

マイクラは5速マニュアルのみでATの設定は

今のところ無いようです。


無料動画サイトで配信されているマイクラのプロモーション動画


わたし的まとめ

劇的進化で話題になっているマイクラですが、

マーチとしての日本発売は未定とのこと。

話題の中心は、日本発売時期ですが、もう一つ囁かれているのは、

大きくなってしまったボディサイズのまま

「マーチ」として発売するのか?ということです。

一部ではエンジンラインナップとミッションの内容から、

当面は海外専売モデルになるのではないかと言われています。

日本にはエクステンダーEVを塔載するコンパクトカー、

ノートが存在しているので、3ナンバー化してしまった

マーチを日本国内で販売させることは、

販売戦略的には問題もあるのではないかと思われます。

行く末はマーチとノートは統合される運命を辿るのではないかと

という気がしますが、想像の域を脱していません。

詳細はまだ明らかになっていませんが、

これからの展開が気になるところです.

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
関連記事



コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ツールバーへスキップ