トランスミッションの種類!MT・AT・CVT・DCTの違いって?

近頃、車の変速機(トランスミッション)の種類が多くなって、何がよいのかイマイチよくわからないと思いませんか?そこで今回はトランスミッションを取り上げたいと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

マニュアルトランスミッション(MT)

言わずと知れた手動式変速機です。構造がシンプルで軽量、複雑な制御装置も不要な事から、コストも安く、最も信頼性があります。しかし、クラッチ操作や任意で最適なギアを選択しなければならず、ドライバーの技量が要求されます。

オ-トマチックトランスミッション(AT)

自動変速機の総称ですね。一般的にはトルクコンバーターステップAT、CVTなどがあり、クラッチペダルがないDCTまたは、AMT(2ペダルMT)と言われているものもありますが、日本の道交法ではオートマ限定免許で乗れる、[AT]に分類されています。一般的にはATと言うと、トルクコンバーターステップATを指しています。

では代表的な機構の種類をみていきましょう。

トルクコンバーターステップAT

ATでは最も古いのがこのタイプです。メーカーなどで呼び名も様々、トルコンATなんて言われてもいます。

トルクコンバーターとは、オイルの流体を利用してクラッチの代わりに動力を伝達し、遊星歯車を組み合わせ、油圧や電子制御によって自動的に変速します。従来のATはトルクコンバーターによる伝達ロスがあり、常にクラッチが少し滑っている様な状態で、スムーズな発進ができる反面、燃費が悪くなるという欠点もありました。そこで登場したのが、ロックアップ機構で、一定速度になるとオイルの代わりに、ロックアップクラッチが直接、エンジンとミッション回転軸に繋がり、伝達ロスを解消することで、燃費を向上させています。

最近では技術の飛躍的向上により、多段階化が進み、きめ細かく変速出来る様になった為、変速ショックを低減、また、エンジン回転数を低く抑えることが出来るので、更に静粛性と燃費も向上しています。

CVT、無段階変速機

出力側と入力側、2つのプーリーを金属製のベルトでむすんだ構造で、この2つのプーリーが無段階にV字状に広がったり狭まったりすることで、ベルトの掛かる位置を変え変速させます。ベルトをせり上げたり、下げたりすることで無段階にギア比を変えることが出来るので
一定の回転数になると、回転数はほとんど変化させず、しかもATやMTのような変速ショックもないので、スムーズに加速させることが出来るのです。そのため、効率の良い回転数だけを使うことができ、燃費も良くなります。

高回転、大パワーエンジンには不向き

採用されているのは主に軽自動車、コンパクトカ-や高出力を必要としないセダン、ミニバンなどで、高出力、高回転型エンジンや大トルクのエンジンには不向き。エンジン回転数が高回転になると、ベルトがスリップしてしまいます。そのため、高回転まで回すスポーツカーや、パワフルで大トルクの大排気量のエンジンとは相性があまりよくありません。大パワー車向けにベルトの代わりとなるパワーローラーを用いた、CVTがありましたが、コストと耐久性に問題がある事と、ATの飛躍的進歩により、メリットが薄れ消えていきました。

DCT,デュアルクラッチトランスミッション

ヨーロッパメーカーが力を入れているのがDCTです。MTと同じくクラッチが付いています。独立した2つの(デュアル)クラッチをそれぞれのギア1-3-5速と2-4-6速の組に分け、シフトチェンジ先のギアをあらかじめスタンバイすることで瞬時に切り替えることができます。MTベースですが、クラッチ操作と変速操作は、コンピューター制御により自動で行われるので、AT限定免許でも乗ることができます。ヨーロッパでは名だたるメーカーのGTカーやスーパーカー、コンパクトカ-まで幅広く採用されています。

日本では少し扱いにくい

日本では渋滞や発進停止が多い道路事情などから、トルコンATやCVTとの相性の方が良く、国産車にはあまりDCTは採用されていません。

AMT、(AGS)オートメイテッドMT

DCTとAMTは基本的には同じ仲間です。機構が複雑で重くなり、コストも掛かるDCTよりAMTは軽量コンパクト、機構もシンプル。しかもローコストであることから、最近では軽自動車に採用されました。 AMTのシステムはとても簡単で、普通のマニュアルトランスミッション(MT)のクラッチ操作と変速操作を油圧で行うというものです。基本はMTなので、動力の伝達効率も良く、スポーティな走りも楽しむこともできます。まさに、MTを自分で操る楽しさと燃費性能、ATの快適さと便利さを融合させたようなミッションです。

少し荒削りなところも

DCTの様な精密な制御は行っていない為、変速ショックやタイムラグが出てしまいます。発進時は、なめらかさが無いので、日本のように発進することや変速することが多い道路事情では、オートモードだと変速が荒く感じられ、ATと比べるとぎくしゃく感が強いです。マニュアルモードでも変速時に大きくタイムラグを生じるなど慣れるまでは違和感が残ります。

わたし的まとめ

ざっと取り上げてみましたがどうでしたか?個人的にはトルコンATの進化に目を見張るものがあります。今は10速ATまであり、一体何速まで増えるのか楽しみなところです。4速ATの時代が長く、これ以上の多段階化は不可能ではないかとも言われていましたが、5速ATが出てからは一気に多段階化が進みました。まだまだこれから先進技術を投入して進化していくことでしょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
関連記事



コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ツールバーへスキップ