レギュラーとハイオクの違い?間違えると故障するの?

今回はガソリンのレギュラーとハイオクについて取り上げます。

images

ガソリン車にはレギュラーとハイオクの2種類があり、ガソリンのことなど良くわからないひとにとっては恐らく、

レギュラーガソリン=標準で安い

ハイオクガソリン=高級で高い

位のイメージしかないと思います。確かにある意味正解ですが、そこにはしっかりとしたワケがありました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

そもそもハイオクって?

fi

ハイオクガソリンは、レギュラーガソリンに比べてオクタン価が高いことを表します。オクタン価のオクタンとは、ガソリンの成分に含まれる「イソオクタン」のことで、エンジン内で異常燃焼を起こすノッキングを抑える効果を示す指標です。

この数値が高ければ高いほど「燃えにくい」ことを意味しています。ガソリンは非常に発火しやすい燃料で、シリンダー内に吹き込まれたのち、ある程度圧縮された段階で自己発火してしまうことがあるのです。
点火のタイミングがずれると、ピストンのスムーズな運動を妨害してしまいます。この状態がノッキングです。運転中エンジンから「カラカラ」という擦るような音がでます。(エンジン内が異常燃焼を起こしていて最悪破損します。)従って、オクタン価が高いハイオクガソリンは、レギュラーガソリンに比べてノッキングが起こりにくくなります。

レギュラー仕様車にハイオクいれたら?

一昔前はハイオクを入れるとパワーアップするとか、洗浄剤でエンジン内がキレイになるなど言われていますが、残念ながら効果はほとんど期待できません。基本的には入れて壊れることはないですが、効果もあまりないというのが現状です。プラシーボ効果的には良いのかもしれませんが・・・。

ハイオク仕様車にレギュラーいれたら?

こちらに関しては問題が出ます、ハイオク仕様車にレギュラーガソリンを入れると、ノッキングの発生などによるエンジン破損を防ぐため、自動的に、燃料を増量させ、ピストンを加熱させないプログラムへ切り替わります。しかし本来の性能を出すことはできず、燃費悪化や出力低下などを招きます。

注意しなければならない事は、ハイオク指定車にレギュラーガソリンを緊急的に使用する事に関してはメーカー側も認めていますが、あくまでも一時的な使用に限られていて、継続的に使用してエンジン不調になった場合には、保証対象外になってしまうこともあります。そのことを踏まえ、自己責任で使用することが大前提になります。

tow_truck

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
関連記事



コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ツールバーへスキップ