最新ヘッドライトの進化!レーザー・LED・HIDの違いは?

近年の自動車用ランプは目まぐるしく進歩してますよね。そこで今回は、最新ライト事情を取り上げてみたいと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

今までのライトを振り返る

images-7photo01

ライトの歴史は長いですが、なじみのある所からでは、ハロゲンバルブがあげられますね、1970年代から普及し始め、ライトのデザイン自由度が増した事で、多くの車やバイクに採用されました。その歴史は長く、未だに多くの車種に使用されていますね。

今でも寒冷地では、ハロゲンバルブの発熱で、レンズに付いた雪や氷が溶けやすくなる事を理由に、ハロゲンヘッドライトを敢えて装着する人もいるそうですよ。

jeep-833206_960_720

HIDに憧れて

「hidヘッドライト」の画像検索結果xenonlampimages-8

1991年BMWに初搭載され、海外では普及しはじめたものの、国内では認可が遅れた為、1996年になってようやく、三菱ふそうの大型トラックと日産テラノに採用、HIDが普及し始めました。あの青白い閃光を放つHIDを最初に見た時は、なんて明るいんだろう!と、衝撃を受けました。当時、新車でも標準装着車は少なく、後付けHIDユニットも高額だったので、仕方なくHIDに似せた光を出す、ナンチャッテHIDハロゲンバルブに交換している車をよく見かけたものです。

調べてみると

意外なことに、HID自体は古くからあり、スタジアムなどのナイター照明に使用されていました。しかし、自動車に転用するには問題も多く、装置の小型化が技術的に難しく、点灯時には約2万ボルト以上の電圧を掛ける為、電装品に負荷が掛かることと、電子バラストが発する高周波ノイズの影響でECUなどの制御装置が誤作動するなどの問題があり、実用化に時間がかかったんだそうです。

4_l

青色LEDが世界のライトを変える

8dwupujgimages-9

青色LEDが発明された事により、照明技術が格段に進歩しました。自動車用ライトも多大な恩恵を受けることが出来るようになりましたよね。デザインの自由度はもとより、機能的な進歩も目を見張るものがあります。

images-10 images-11

白色を出すには(光の三原則、赤、緑、青)が必須で、青色LEDが発明、実用化された事により、世界のライティング革命が起きたと言われる程の大発明だったんですよ。

長寿命と言われていたけど

自動車用ヘッドライトに技術転用するにはLEDもまた問題がありました。LEDは赤外線をほとんど出さないため、光には熱が出ません。しかし光にならないエネルギーは、LED素子から自己発生熱となって放出されてしまう為、放熱が必要になります。放熱対策をしっかりやらないと、内部の電子回路を劣化させて、LEDの寿命より電子回路の劣化により寿命が短くなってしまいます。また、性質上、光が広がらないので、照射範囲を広くする工夫も必要でした。

2007年、試行錯誤の末、世界初搭載

crsm0000000000 p6

その配光量不足と熱対策が課題でしたが、レクサスLS600h用に開発されたLEDヘッドライトは、片側3連プロジェクターと、手前側方を照らす小型リフレクター1個、合計4個のLEDで配光量を確保、熱対策は、ランプユニット内部に純水をためたヒート・パイプを装着して放熱出来る様に改良、世界初搭載となりました。

技術の進歩って凄いもので、今では軽自動車にも純正採用される様になり、安価な汎用品も数多く販売され、簡単にLEDライトを装着出来るようになりました。

43 12953bwx2-pid-global-001

ただ照らすだけではなくなった

2013年、アウディに搭載されたマトリクスLEDヘッドライトは、交通状況に合わせて配光を個別制御、前走車や対向車に光があたらないようにライトをコントロールする上、コーナーを予測して内側を照らすなど、ハイビーム、ロービームの切り替えだけではなく、これまでの仕組みではできなかった細かな配光が出来る様になりました。

これはかなり感動ものですよ!

遂にライトもここまで来た!レーザービーム!!

2014年、これもまたアウディがレーザーライトを搭載した自動車「R8 LMX」を世界に先駆けて発売しました。レーザーヘッドランプは次世代光源であるレーザー励起光源(レーザー光を基に白色光を創り出している)を光源に用いたヘッドランプで、LEDヘッドライトに比べ30%省エネルギーで照射範囲は2倍、明るさは5倍、しかもLEDに比べ発光サイズが小さいので、ヘッドライトが小型化できる為、デザインの自由度が向上します・・・って、

なんかもう言葉も出ませんね、そのうちレーザーガンみたいな武器になっちゃたりして・・・。

ヘッドライト技術の未来は?

どうでしたか?マトリクスにレーザー、まるでSF映画のようですね。これから暫くはLEDとレーザーが主流になって行くと思われます。しかし、将来的には恐らく、安全技術と自動運転技術の開発が進み、もしかしたらヘッドライトは不要になる時代がくるのかもしれませんよね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
関連記事



コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ツールバーへスキップ