新型 ホンダ フリード 何が変わるの? スタイルは?性能は?

2016年9月16日に発売になる新型フリード。発売前から公式サイトでシルエット画像を公開するなどしてプロモーション展開、話題になりました。

2016-h-freed-01-300x172

http://www.honda.co.jp/FREED/new/

2016年6月24日に公式サイトで公開された映像

スポンサーリンク
スポンサーリンク

スタイルはどうなった?

フィットから採用された「ソリッド・ウィング・フェース」アイデンティティーデザインを採用していますが,このデザインで頭をよぎるのはフィット、ステップワゴンの販売低迷で、果たしてこのフロントマスクでは・・・といった声もチラホラ聞こえていますが、フリードに関していえば、バランス良くデザインされていて好感が持てます。

ボディサイズは?

全長:4265mm

全幅:1695m

全高:1730mm

ホイールベース:2750mm

001_o 1470383721

インテリアデザインは?

先代モデルより全長を50mm拡大、室内では、3列シートは6人乗りキャプテンシート、7人乗りベンチシートが設定されていますが、4WDの3列シート車は6人乗りになります。interior_pic01

丸みを帯びたエクステリアデザインとは対照的にカクカクしたデザイン。しかし、小物入れやトレーが多く、左右に理路整然と配置され見た目は兎も角、実用性は高そうですね。

7人乗りベンチシート仕様

%e3%83%98%e3%82%99%e3%83%b3%e3%83%81%e3%82%a2%e3%83%ac%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%82%99

interior_pic02

  6人乗りキャプテンシート仕様

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%95%e3%82%9a%e3%83%86%e3%83%b3%e3%82%a2%e3%83%ac%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%82%99

3列目シート間の距離を90mm延ばして、居住空間の改善をしています。2列目シートスライド量を120mmに拡大し、3列目への乗降性にも配慮されていますよ。

5人乗り仕様車はフリード+「プラス」として、同社軽ハイトワゴンN-BOX+と同じ様に、荷室フロアを低床化して利便性を向上、リアゲートがバンパー下から大きく開くのが特徴で、福祉車両としての需要も見越しています。
ホンダ独自、低床フロアのなせるワザといったところでしょうか。

plusrear-e1472455741472-1 %e8%bb%8a%e3%81%84%e3%81%99

引用元http://mag-x.com/

エンジンは?

先代モデル同様、ガソリンとハイブリットの2タイプが用意されています。

1.5ℓ直噴DOHC4気筒i-VTEC

最高出力  132PS
最大トルク 15.8kg-m
JC08燃費 19km/ℓ

1.5ℓ直噴DOHC4気筒i-VTECハイブリッド「SPORT HYBRID i-DCD」

最高出力 132PS
最大トルク 15.9kg-m
モーター最高出力 29.5PS
JC08燃費 26.6km/ℓ

ミッションはi-DCD(7速DCT)、ハイブリッドでも4WDの設定があります。

20160805-02839257-autoconen-005-1-view

安全装備は?

グレード別装備のホンダセンシングがあります。

sensing_mpic_sp

ステップワゴンなどが採用する安全装備と基本は同じで、センサーにはミリ波レーダーと単眼カメラを使います。歩行者の検知も可能で、車両に向けた追突防止の緊急自動ブレーキは、時速100kmでも作動すると言う優れもの。

付帯機能としては

  • 衝突軽減ブレーキ
  • 歩行者事故低減ステアリング
  • アダプティブクルーズコントロール
  • 車線維持支援システム
  • 路外逸脱抑制機能
  • 誤発進抑制機能
  • 先行車発進お知らせ機能
  • 標識認識機能

グレード別装備

標準ガソリン

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a3-9-1


ハイブリッド車

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a3-8


フリード+「プラス」 ガソリン車

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a3-11


フリード+「プラス」ハイブリッド車

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a3-10

装備面では、比較的にハイブリッド車に多くの装備が搭載され、標準車と+「プラス」では装備内容も少し違う事が分かります。

ボディーカラーは?

%e3%82%ab%e3%83%a9%e3%83%bc%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a3-12

ボディーカラーは9色で、プレミアムディープロッソP、ホワイトオーキッドPはオプションカラーになります。

車両価格は?

ガソリン車
2WD
B  6人乗り   188万円
G  6人乗り   198万円
G  7人乗り   200万1,600円
G  ホンダセンシング  6人乗り  210万円
G  ホンダセンシング  7人乗り  212万1,600円

4WDは6人乗りのみ
B    209万6,000円
G    221万2,200円
G  ホンダセンシング  233万2,200円

ハイブリッド車
2WD
B  6人乗り  225万6,000円
G  ホンダセンシング  6人乗り249万6,000円
G  ホンダセンシング  7人乗り251万7,600円
EX  6人乗  り265万6,000円

4WDは 6人乗りのみ
B   247万2,000円
G  ホンダセンシング 272万8,200円

フリード+(プラス)

ガソリン車
2WD

B  190万円
G  200万円
G  ホンダセンシング 212万円

4WDはGから
223万2,200円
ホンダセンシング 235万2,200円

ハイブリット

B  227万6,000円

G  ホンダセンシング 251万6,000円
4WD         274万8,200円

EX    267万6,000円

まとめ

旧型から比較すると、少し丸みを帯びて、可愛らしさが出た印象ですね。直接的なライバルは勿論、トヨタシエンタですが、こちらはどちらかと言うと精悍なイメージで、若干アクが強い印象も受けます。しかしながら、かなりのセールスを記録しており、フリードと熾烈な販売競争になるのは必至です。

001_o01_s

1BOXミニバンでは少し大きすぎて取り回しが悪いけど、たまに多くの人を乗せなければならないから・・・、と思っている人には、軽量コンパクトで燃費も良い、いざという時には大人数乗せることが出来る、 このクラスのコンパクトミニバンがおすすめですよ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
関連記事



コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ツールバーへスキップ