トヨタ 新型シエンタ エクステリア インテリア 性能は?

発売から約1年チョット、一時期、納車に半年待ちになるほどでした。現在でも販売台数は1万台前後をキープしていて、未だに人気の高いコンパクトミニバンです。

今回はトヨタシエンタを取り上げてみたいと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

初代モデルって?

img_65ab7d123b39d10cfb14fc5847b9da44578498

先代モデルは発売されてから約12年続いた長寿モデルで、2010年一度はラインナップから外れたものの、ホンダフリード人気に即発され、2011年、新たに四角いライトの「ダイス」を加え、ビッグマイナーチェンジ。異例の生産再開となりました。

5ナンバーサイズでコンパクト、なのに3列シート、両側スライドドアと、ミニバン並みのユーティリティーで、見た目が大きい1BOXミニバンの運転に抵抗がある、子育て世代のママさんなどから支持され人気がありました。

しかし基本設計が古く、安全装備の新規搭載も難しい事と、モデルチェンジの要望も多かった為、2代目が登場する事となりました。

エクステリアデザインは?

01_simages

初代モデルとは正反対で、押し出し感の強い個性的なスタイルになっています。最近、トヨタ車のデザインはシャープな印象が色濃く出ていて、このシエンタもそんなイメージを持たせています。カワイイというよりは、カッコイイといった感じですね。

  • 全長 4,235mm
  • 全幅 1,695mm
  • 全高 1,675mm
  • ホイールベース 2,750mm

旧型シエンタよりも全長が135mm、ホイールベース50mm、全高5mm拡大しています。

インテリアデザインは?

HYBRID G(7人乗り・2WD)。内装色はフロマージュ×ダークブラウン。オプション装着車。

インパネ周りは曲線を多用して少し造形が複雑な感じがします。外見とは違い可愛さはありますが、小物入れはその造形のせいで、少し使いずらいかもしれないですね。%e8%b2%b7%e3%81%84%e7%89%a9%e3%83%95%e3%83%83%e3%82%af-e1444815022991%e5%9b%9e%e8%bb%a2%e5%bc%8f%e3%83%95%e3%83%83%e3%82%af-e1444814491460

所々に加飾が施されていてオシャレな印象ですが、少しプラスチック感もあるのが残念です。

エンジンは?燃費は?

トヨタと言えばハイブリッドですね。シエンタにも漏れなくハイブリッドの設定があります。
アクアにも搭載されている1.5Lエンジン(1NZ-FXE)、EVドライブモード付きで、静かに走りたいシチュエーションに役立ちます。

ハイブリッドシステムの動作モードイメージ

  • 最高出力 74PS/4800rpm
  • 最大トルク 11.3kgm/3,600~4,400rpm
  • モータ 最高出力 61PS
  • モーター最大トルク 17.2kgm
  • JC08燃費 27.2km/L

システム最高出力100PSとなっています


ガソリン車2WD、4WD

  • 総排気量 1,496cc
  • 最大出力 109PS(4WD103PS)/6,000rpm
  • 最大トルク 13.9kgf・m(4WD13.5kgf・m)/4,400rpm
  • JC08燃費 2WD G-6人乗り、7人乗り X-7人乗り20.2km/L
    ・X”Vパッケージ”-7人乗り20.6km/L
    ・2WDG-(車いす仕様車)5人乗り X-5人乗り19.6km/L
  • 4WD 15.4km/L

安全装備は?

“Toyota Safety Sense C”がオプション扱いで設定されています。

車両に搭載されているレーザーレーダーと単眼カメラを併用した前方センサーと、それに基づいた統合的な制御により、衝突の回避や衝突被害の軽減を支援します。万が一の為に、あると安心出来る装備ですね。

ボデーカラーは?

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a3

基本カラー8色、オプションとして、ガーニッシュなどに本体と異なるアクセントカラーを使ったフレックストーンを追加、全5色が用意されています。合計13色と豊富なカラーバリエーションでカラーコーディネート出来ます。

グレード別装備、値段は?

 ”Vパッケージ

  • 電動格納式LED サイドターンランプ付 カラードドアミラー
  • 185/60R15 タイヤ&15×5 1/2J スチールホイール(樹脂フルキャップ)
  • マニュアルエアコン & ダイヤル式ヒーターコントロールパネル
  • アナログメーター
  • ウレタン3本スポークステアリングホイール(ピアノブラック加飾付)
  • シフトノブ+ピアノブラックシフトベゼル
  • ワイヤレスドアロックリモートコントロール(アンサーバック機能付、ワイヤレスキー1本)
  • フロントドアトリム+フロントドアアームレスト
  • デッキアンダートレイ

7人乗り2WD 1,689,709円
6人乗り4WD 1,831,091円

”Vパッケージの装備プラス

  • ワンタッチスイッチ付助手席側パワースライドドア(挟み込み防止機能付)
  • ファブリック巻きフロントドアトリム+フロントドアアームレスト

7人乗り2WD 1,816,363円
6人乗り4WD 1,957,745円

Xの装備プラス

  • ワンタッチスイッチ付デュアルパワースライドドア(挟み込み防止機能付)
  • オプティトロンメーター
  • オートエアコン(蓄冷エバポレーター付)&ダイヤル式ヒーターコントロールパネル
  • スマートエントリー(運転席・助手席・バックドア/アンサーバック機能付/スマートキー2本)&プッシュスタートシステム
  • メッキインサイドドアハンドル(フロント)&ファブリック巻きフロントドアトリム+ファブリック巻きフロントドアアームレスト
  • 本革巻き3本スポークステアリングホイール(ピアノブラック+サテンメッキ加飾付)+ステアリングスイッチ(マルチインフォメーション操作)
  • 本革巻きシフトノブ+サテンメッキシフトベゼル
  • 運転席アームレスト(左側)
  • 助手席シートバックポケット
  • デッキアンダートレイ

2WD 6人乗り、7人乗り 1,980,327円
4WD 6人乗り 1,980,327円
HYBRID X

  • 電動格納式リモコンカラードドアミラー(LEDサイドターンランプ付)
  • ワンタッチスイッチ付助手席側パワースライドドア(挟み込み防止機能付)
  • 15インチスチールホイール(樹脂フルキャップ)
  • オートエアコン&ダイヤル式ヒーターコントロールパネル
  • ハイブリッド専用オプティトロンメーター(アンビエント照明付)
  • ウレタン3本スポークステアリングホイール(ピアノブラック+サテンメッキ加飾付)+ステアリングスイッチ(マルチインフォメーション操作)
  • ワイヤレスドアロックリモートコントロール(アンサーバック機能付、ワイヤレスキー1本)
  • ファブリック巻きフロントドアトリム+フロントドアアームレスト

ハイブリット2WD 7人乗り 2,226,763円

HYBRID G

HYBRID Xの装備プラス

  • ワンタッチスイッチ付デュアルパワースライドドア(挟み込み防止機能付)
  • 本革巻きシフトノブ+サテンメッキシフトベゼル
  • スマートエントリー(運転席・助手席・バックドア/アンサーバック機能付/スマートキー2本)&プッシュスタートシステム
  • メッキインサイ乗ドドアハンドル(フロント)&ファブリック巻きフロントドアトリム+ファブリック巻きフロントドアアームレスト
  • 運転席アームレスト(左側)
  • 助手席シートバックポケット

ハイブリット2WD 6人乗り、7人乗り 2,329,855円

わたし的まとめ

大胆なモデルチェンジで、かわカッコよくなったシエンタ。セールスは好調で販売台数はいつも、上位に。

サイズ的にも子育てママさんの日常生活の足として使い勝手抜群です。

カラーバリエーションも豊富で、ただのファミリーカーではなく、普段着をオシャレに着こなして街に出掛ける、そんなシチュエーションも似合う、カジュアルに使える車ではないかと思いますよ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
関連記事



コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ツールバーへスキップ