スズキ ソリオ ストロングハイブリット 発売日は?

燃費不正問題などで発売が延期されていた、

スズキソリオ ストロングハイブリットが

2016年11月29日に発売されるそうです。

現行型ソリオはS-エネチャージという、

マイルドハイブリッドシステムを

搭載していましたが、

新たに本格的ハイブリットシステムを開発、

ソリオに追加投入することになります。

今回はこのソリオ ストロングハイブリットを

取り上げてみたいと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

スタイルはどうなるの?

今回は、追加投入ということから、

エクステリアデザインの変更は行われず、

基本的には、現行型と同じデザインのまま登場します。

インテリアではメーターパネルが専用品になり、

エンジン回転計(タコメーター)の所が、

がハイブリットシステムのインジケーターになります。

ハイブリットのメカニズムは?

「マイルドハイブリット概要図」

現在ソリオに搭載されているマイルドハイブリットは、

発進加速時、エンジンのアシストをする程度の簡易的な機能であり、

あくまでも動力はエンジン主体になっているのに対して、

ストロングハイブリッドの場合は、駆動全域でモーター出力を

発生させることができ、モーターのみでのEV走行も可能になるなど、

エンジンとモーター、2系統で動力を発生させ、

燃費を向上させることができます。

スズキならではの お手軽ハイブリット。

bbbbbbbbbbbbbbbbbbbbbbbbbbbbbbbbbbbbbbbbbbb-593x333

suzuki_03-20160527110036-618x412

今回ソリオに搭載されるシステムは、既存のマイルドハイブリットシステム、

(S-エネチャージ)と基本的には同様ですが、

ISGは動力アシストには使わない代わり、MGUというモーターが発進加速のアシスト、回生充電を行い、さらにAGSにチェーンベルトで

連結することで低速でのEV走行も可能としています。

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a3

構造も非常にシンプルで、

コストもかからないことから、低価格のコンパクトカー

には最適なシステムと言えるでしょう。

搭載されているエンジンは、1.2L 直列4気筒、

デュアルジェットエンジン(91PS)

+MGU(推定5~7PS)で、

ミッションはAT限定免許で乗れる、

オートクラッチの5AGSになります。

トランスミッションの種類はこちら

敢えて5AGSを採用した理由としては、

エンジンとモーターの動力切り替えをクラッチを介して、

比較的容易に制御出来るので、コスト抑制を狙ったものと言えます。

しかし、5AGSは変速フィールも荒く、癖がある為、慣れるまでは

不快に感じることもあることから、

CVTを望む声も多くなるのではないかと思います。

燃費はどれくらいになるの?

例の・・・、燃費不正問題により、再計測した結果をもとにすると、

  • マイルドハイブリット、JC08モード燃費28.5 km/L
  • ストロングハイブリット、JC08モード燃費32.0km/L

となりますが、この差を見ると・・・、少し微妙に思えてきます。

まとめ

その他の装備、オプションに関しては既存のモデルと同じで、

ハイブリット車としての専用装備はとくに搭載されない模様です。

先進の衝突被害軽減システム、「デュアルカメラブレーキサポート」は

評価が高く、標準装備として搭載してほしいところですが、

車両価格を抑えるため、メーカーオプション扱い(59,400円)

になる可能性が高いです。

気になる価格は、既存のマイルドハイブリット搭載車

より10~15万円アップし200万円前後と予想されていています。

車両価格が大きく跳ね上がる事は無さそうですが、

あまり大差ない燃費に対しての価格差と考えると、

少し割高にも思えてしまいますね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
関連記事



コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ツールバーへスキップ