スズキコンセプトモデル  XBEE「クロスビー」は新型ハスラーワイドとして登場か?

2017年9月22日、スズキが2017年東京モーターショーで出展を予定している
コンセプトモデル、「クロスビー」の画像が世界初公開されました。

このクロスビーは登場が噂されている、新ジャンルSUV[ハスラー」の
小型車バージョン「ハスラーワイド」のプロトタイプではないかと言われています。

そこで今回はハスラーワイドと予想されている、この「クロスビー」を取り上げてみたいと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

気になるエクステリアデザインはどうなるの?

エクステリアデザインは差別化されているとはいえ、ヘッドライト周りなど細かい所は
ハスラーと共用となっていて、いかにもハスラーのワイドバージョンというような
アイデンティーデザインが採用されています。

それにしてもなかなか可愛らしい佇まいですね。

ボディーサイズは?

クロスビー

・全長:3760mm
・全幅:1670mm
・全高:1705mm
・ホイールベース:2435mm

参考比較対象車として・・・

イグニス

・全長:3700mm
・全幅: 1660mm
・全高:1595mm
・ホイールベース:2435mm

同社の販売している新ジャンルSUV「イグニス」と比較すると、全長で60㎜長く、
全幅で20㎜スリム、全高は110㎜ほどクロスビーのほうが高いということになります。

インテリアはどうなっているの?

楽しさを表現したというインテリアには、コンパクトながら、大人5人がしっかり座れる空間が確保され、アウトドアでも役に立つシートアレンジ、汚れに強いラゲッジスペースを採用するなど、ラフに使えて、使い勝手の良いインテリアとなっているようです。

この他にクロスビーでは2種類のコンセプトモデル

オシャレで個性的なモードを上手に着こなす都会派のアクティブギアをイメージして
仕立てられたストリートアドベンチャー
グレー/ホワイトのボディカラーにイエローのアクセントが映え個性的なエクステリアデザインとなっています。

インテリアはエクステリア同様、イエローをアクセントに、インパネにはマップ調のデカールを施してシティランナーSUVのイメージを強調。

シート表皮はメランジ素材を使用し、サイドにはイエローストライプ、
クロスビーのロゴがプリントされ、ベース車のインテリアよりも
クールなイメージを演出しています。

大人がキャンプシーンを楽しむというコンセプトのもと、
提案されたアウトドアアドベンチャー。

モダンで少しクラシカルな印象なデザインが特徴で、金属風に見せたバンパー、
ヘッドライトトリム、
インテリアでは、サイドガーニッシュや、コンソールパネルにウッド調デカール、
シルバー塗装の加飾が加わることで質感を高めています。

2色のブラウンの合皮と、ヘリーボーン柄のファブリックの組み合わせによるシート
も落ち着いた雰囲気で、大人っぽい上質感を演出しています。

プラットフォームはHEARTECT(ハーテクト)Aセグメント採用

ハスラーのワイドバージョンということで、軽自動車用プラットフォームが採用という噂もありましたが、クロスビーは、スイフト、イグニス、などから採用が拡大されている次世代プラットフォーム
「ハーテクト」の小型車用Aセグメントプラットフォームを基に開発されていると言われています。

エンジンはどうなる?

エンジンバリエーションは今のところ不明となっていますが最有力候補として2機種・・・

直列4気筒1.2Lデュアルジェットエンジン + マイルドハイブリッド
・最大出力:91ps/6,000rpm
・最大トルク:12.0kgm/4.400rpm
・モーター最大出力:3.1ps/1,000rpm
・モーター最大トルク:5.1kgm/100rpm
・トランスミッションミッション:CVT
・JC08モード燃費:27.4km/L

直列3気筒 1.0L VVTターボ「BOOSTER JET」
・最高出力:102ps/5,500rpm
・最大トルク:15.3kgm/1,700〜4,500rpm
・JC08モード燃費20.0km/L
トランスミッション:6AT or CVT

この他では、1.0L VVTターボ「BOOSTER JET」エンジンにマイルドハイブリットを組み合わせて登場するとも噂されており、搭載エンジンは東京モーターショーまでに判明すると思われます。

安全支援システムはどうなるの?

安全運転支援システムは2017年発売のスイフト、ワゴンRをはじめ新型車に搭載が拡大されている、単眼カメラ+レーザーレーダー「デュアルセンサーブレーキサポート」が採用される見込みとなります。

フロントガラスに設置した単眼カメラとレーザーレーダーの2種類のセンサーで前方を検知するシステムを採用。近距離や夜間の検知に優れたレーザーレーダーと、中・長距離に強く歩行者も認識する単眼カメラを組み合わせた先進のシステムです。前方衝突被害軽減ブレーキアシスト機能、自動ブレーキ機能をはじめ、車線逸脱警報機能、ハイビームアシスト機能などの先進の安全技術の搭載を可能にしました。

単眼カメラとレーザーレーダーがワイパー作動域にあるため、雨天時にも作動します。

引用元http://www.suzuki.co.jp/car/swift/safety/

この他の安全運転支援システム機能は・・・

・誤発進抑制機能

・車線逸脱警報機能

・ふらつき警報機能

・先行車発進お知らせ機能

・ハイビームアシスト機能

・ヒルホールドコントロール

などがグレード別装備として設定されます。

発売日、価格はどうなるんだろう?

発売スケジュールの予想としては、東京モーターショー2017で現車の世界初公開、
その後、先行予約が開始され、2017年12月から2018年1月辺りに発売開始、

価格は140~200万円の価格帯でグレード展開されるのではないかと予想されています。

まとめ

かねてからハスラーワイドとして登場が噂されていていましたが、
このクロスビーがハスラーワイドというネーミングで登場するかは今のところ不明です。

いずれにしてもこのコンパクトSUVは見た目のかわいさは見ての通りで、
老若男女問わず幅広い購買層から支持されると思われ、
発売される前から早くも大ヒットするのではないかと言われています。

情報が入りましたら追記していきます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
関連記事



コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ツールバーへスキップ