スバルXV2017年3月ジュネーブ国際モーターショ-2017で世界初公開気になるデザインは?

2016年にモデルチェンジされた新型プラットフォーム、スバルグローバルプラットフォームを採用したインプレッサがデビューしました。

その第二弾としてインプレッサの派生モデル「XV」が2017年3月にスイスで行われる「ジュネーブ国際モーターショー2017」でワールドプレミアされることになりました。そこで今回はこのXVを取り上げてみたいと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

エクステリアザインはどうなるの?

2016年3月に開催されたジュネーブ国際モーターショーに出品されたスバルXVコンセプト
が公開され,このデザインが踏襲されると言われています。

下のティザー画像と比較すると、細かい所はさすがにそのままとはいきませんが、ここ最近のスバルはほぼ、コンセプトモデルに近いデザインになって登場しています。

2017年1月にスバル公式サイトより次期XVのティザー画像が公開されオフィシャルサイト
が開設されました。

基本的には新型インプレッサからの派生車ですが、ロードクリアランスを上げ、スキッドプレート、オーバーフェンダー、大径タイヤ、専用バンパー、ルーフレールなどで武装し、遊び心満載のSUVに変貌させます。

基本となるインプレッサもサイズアップが図られているので
当然XVもサイズアップされていて、

コンセプトモデルのサイズは、全長4,520mm×全幅1,920mm×全高1,570mmと
現行モデルと比べると、全長で70mm増、全幅で140mm増、
全高で20mmとかなり大きくなり、このサイズのまま登場すると、
もはやコンパクトSUVではなくなってしまいますね。

全幅で1,920mmという事は大型SUV並みの幅広さで、
今までのコンパクトさで好感を持っている
ユーザーは乗り換えに少し躊躇するかもしれません。

実際は新型インプレッサのボディーサイズが基本になるので、
前後バンパー、フェンダープロテクターの拡大分だけの変更となります。

スペックは?

・全長:4,465mm
・全幅:1,800mm
・全高:1,595mm
・ホイールベース:2,670mm
・車重:1410kg
・最低地上高:200mm
・乗車定員:5名

・室内長:2,085mm
・室内幅:1,520mm
・室内高:1,200mm

・最低地上高:200mm
・最小回転半径:5.4m

インテリアデザインは?

搭載されるエンジンは

1.6L水平対向エンジン

最高出力 115ps/6200rpm
最大トルク 15.1kgm/3600rpm

トランスミッション:CVT(リニアトロニック)
駆動方式:AWD
JC08モード燃費:16.2km/L

2.0L水平対向エンジン(FB20型)

最高出力 154ps/6000rpm
最大トルク 20.0kgm/4000rpm

トランスミッション:CVT(リニアトロニック)
駆動方式:AWD
JC08モード燃費:16.4km/L

レヴォーグに搭載されている1.6Lターボエンジン(FB16)の設定が期待されていましてが
今回は見送られてしまいました。

1.6L:NAモデルは若干パワー不足な印象を受けますね。
2.0LモデルとJC08燃費が変わらないところを見ると、
1.6Lエンジンではやはり非力感は否めない様で、
結構アクセルを踏み込まないと走らないかもしれません。

型XVのグレード別装備 価格

1.6i EyeSight

17インチアルミホイール
フロント16インチ2ポンドベンチレーテッドディスクブレーキ
フロント&リアスタビライザー
アイドリングストップ
電動パーキングブレーキ
マルチインフォメーションディスプレイ付メーター
フルオートエアコン
カーボン調インパネパネル
フロントグリル(シリバー塗装)
UV(紫外線)カット付機能付フロントガラス
アイサイトVer.3
SRSサイドエアバック SRSカーテンエアバック
運転席SRSエアバック
歩行者保護エアバック
VDC(ビークルダイナミクスコントロール)
アクティブ・トルクベクタリング
・価格:215万円

1.6i-L EyeSight

1.6i EyeSightから追加
X-MODE(ヒルティセットコントロール付)
マルチファンクションディスプレイ
パドルシフト
リヤシートセンターアームレスト
前席照明付パワーウィンドウスイッチ
ベンチレーショングリル(メッキ)
USB電源
UVカット機能付濃色プライバシーガラス(リヤドア、リヤクオーター、リヤゲート)
・価格:225万円

2.0i-L EyeSight

1.6i-L EyeSightから追加
本革巻きセレクトレバー シフトブーツ(オレンジスティッチ)
本革巻きステアリングホイール(オレンジスティッチ)
キーレスアクセス&プッシュスタート
6スピーカー
インパネアッパートリムオレンジスティッチ
フロントグリル(クロムメッキ)
・価格:250万円

2.0i-S EyeSight

2.0i-L EyeSightから追加
18インチアルミホイール
LEDハイ&ロービームランプ+ステアリング連動ヘッドランプ
クリアビューパック
アルミパッド付スポーツペダル
運転席&助手席8ウェイパワーシート
光輝ウインドゥモール
・価格:2,732,400円

カラーバリエーション

・クールグレーカーキ 新色
・サンシャインオレンジ 新色
・ピュアレッド
・クォーツブルーパール
・ダークブルーパール
・クリスタルホワイトパール
・アイスシルバーメタリック
・ダークグレーメタリック
・クリスタルブラックシリカ

ハイブリットは今回見送りか?

最大の販売先である米国では各州により法律や規制が独自に制定され、それらに対応しなければなりません。その中でカリフォルニア州のZEV規制が改正され以下のように各自動車メーカーに規制をかけるようになります。

概要

ZEV(Zero Emission Vehicle)とは、排出ガスを一切出さない電気自動車や燃料電池車を指す。カリフォルニア州のZEV規制は、州内で一定台数以上自動車を販売するメーカーは、その販売台数の一定比率をZEVにしなければならないと定めている。ただし、電気自動車や燃料電池車のみで規制をクリアすることは難しいため、プラグインハイブリッドカー、ハイブリッドカー、天然ガス車、排ガスが極めてクリーンな車両などを組み入れることも許容されている。

規制対象

・2012年現在、カリフォルニア州で年6万台以上販売するメーカー6社(クライスラー、フォード、GM、ホンダ、日産、トヨタ)が対象。
・2018年型以降、販売台数が中規模のメーカー6社(BMW、ダイムラー、現代、起亜、マツダ、フォルクスワーゲン)も対象となる。

・規制導入当初の2005~08年型については販売台数の10%、以降、徐々に販売比率が上昇していくが、ZEV(電気自動車と燃料電池車)のみでクリアすることは難しいため、先進PZEV(プラグインハイブリッドカーなど)、PZEV(SULEV適合ガソリン車など)も組み入れることが可能となっている。

・2010年型を例にとると、総販売台数の10%相当をZEVにする必要があるが、最低限必要な販売台数は、ZEVが2%、先進PZEVが2%であり、残り6%はPZEVで代替が可能である。その際、ZEVの航続距離やPZEVの性能に応じたクレジット(係数)で換算を行い、より性能の高いZEV、PZEVが販売されるような仕組みとなっている。

次世代自動車振興センターより引用

このことから2018年以降はハイブリット車も規制の対象となり、より高いゼロエミッションビークル(ZEV)の導入をしなければならなくなります。このことからスバルが次期XVに導入する可能性が高くなってきたのは、提携先でハイブリットシステムの供給を受けているトヨタ自動車のプリウスに採用するPHVシステムを採用するのではないかと言われています。

(偶然なのか、使われているイラストもインプレッサですよね)

スバルでも中期経営ビジョン「際立とう2020」でも明記され
XVにPHVの導入は自然の流れになるのではないかと思われます。
このことを踏まえると2.0Lエンジン水平対向エンジン(FB20型)
にトヨタのPHVシステムをスバル独自にアレンジして採用してくる
ものと予想します。

残念ですが、新型XVでは今の所ラインナップに含まれていません。

AWDの方式はどうなるの?

肝心なAWD(4WD)システムですが、モーター式のe-fourでは無く
現行型と同じプロペラシャフトを持つメカニカルAWDを
採用し、トランスミッションはリニアトロニックになります。

発売はいつから?

予想されるスケジュールとしては・・・

  • 2017年3月7日にワールドプレミア
  • 3月8日 国内仕様情報解禁
  • 3月9日 国内先行予約開始

日本国内での発売は2017年4月になるのではないかと予想されています。

スバル オフィシャルサイト新型XV専用ページ
http://www.subaru.jp/xv/xv/

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
関連記事



コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ツールバーへスキップ